財務会計とは

企業における財務会計は、経営の実態を写す鏡です。激変する経営環境において自社の経営実態を経営者の独自感覚だけではなく、第三者の視点で把握することは非常に重要です。正しい経営実態を掴むことによって、過去の反省ができるとともに、将来の目標実現の具体策を考えることができます。その結果、事業活動の修正をすばやく行うことができるため、どんぶり勘定でやっていていきなり資金がショートするというリスクを回避することができます。ダイエットをするためには、まずは体重計にのって自分の体重を知ることが出発点であるように、月次決算を正確かつ迅速に実施するということは昨今の激動する経営環境においては必須であると言えます。

規模に応じて必要な財務の視点

従業員が100人を超える規模になると、資金繰りの規模が大きくなるとともに、それぞれの事業に対するリスクヘッジも必要になります。そのためには支出を抑えるという事だけを考えるのではなく、事業そのものを検討しながら、どうすれば収入が増えるか、また、不要資産を売却するとかの、財務戦略が必要となります。

企業経営における正確なキャッシュフローを把握するとともに、財務戦略をきちんと構築しておかないと利益がでているにも関わらず資金がショートして倒産するという悲劇に見舞われることもあります。当社は、迅速で正確な月次決算の支援をするとともに、財務戦略の構築も支援させて頂きます。

財務会計システムの構築

パソコン迅速で正確な月次決算を行うためには、財務会計システムの構築が不可欠となります。そのシステム自体も企業規模や事業内容に合わせて、スタンドアローン方式、クライアントサーバー方式、クラウド(SaaS)方式があります。スタンドアローン方式とクライアントサーバー方式においては、市販ソフトを活用する方法と売り上げや人事などと全体でシステム開発をする方法があります。それぞれにメリット、デメリットがありますのでシステム構築については御社にとって最も最適な環境を構築できるよう支援させて頂きます。

Copyright(c) 2019 エル企画|経営、財務戦略、企業再生、会計システム構築 All Rights Reserved.
Scroll Up